軽く、効果を感じられるノイキャンを搭載したワイヤレスイヤホン-HUAWEI(ファーウェイ)「FreeBuds 3」

個人的には買ってよかったと思っています。

購入からかなり時間が経ってしまいましたが、HUAWEI(ファーウェイ)のノイズキャンセリングイヤホン「FreeBuds 3」について、使ってみての感想を書いていきたいと思います。

耳にフィットし、ノイキャンが使えるワイヤレスイヤホンがついに登場

以前、ワイヤレスイヤホンに悩んでいる記事を投稿しました。
その記事を書いたときは、「Anker Soundcore Liberty Air」の購入意欲が高まっていました。

ですが、後継機種の「Soundcore Liberty Air 2」が控えていたこともあり、どこも在庫切れの状態。
それなら、Liberty Air 2を買おうか。。。と悩んでいたところに登場したのが、HUAWEIの「FreeBuds 3」。

形はSoundcore Liberty Airのように、いわゆるうどん型。
これなら私の耳にフィットするはず、という期待と、その小ぶりなボディに、ノイズキャンセリング機能まで搭載してきました。

当時、1、2か月に一回は飛行機に乗っていたこともあったことと、単純にノイキャンを日常で試してみたい!
という想いもあったため、タイミングを見て購入しました。

しばらく使ってみて、満足度の高いイヤホンが買えたな、と思っています。

本体写真
ケース。胸ポケットにすっぽり入る大きさです。USB Type-Cになっています。つやつやなため、ちょっと指紋が目立ちます。
本体。いわゆるうどん型。私の耳はこのタイプが合うようです。
マイクも良好で、会話してる人からは、聞き取りづらいなどと言われたことは今のところはありません。
サイズ感としては、ボタン電池2つ分。
磁石が入っています。 ケースに収めるときに、この磁石の力でカチャッと収まります。
光の反射でロゴが見えない。。。ケースはつやつやですね。そのうち傷が目立つかも。
良かった点

・ノイズキャンセリング機能を搭載しながらも、2万円以下で購入できる。
 ノイキャン機能を搭載している機種は、2万円台の機種が多いと感じています。
 そういった機種はノイキャン以外にも、機種自体の性能(音質やバッテリー、操作性など)も優れていると思いますが、FreeBuds 3も性能に対してのコスパが良いと感じています。

・ケーブルレスであること。
・軽く、耳に収めやすい。(私の耳の穴は小さいのですが、ソニーのWF-1000XM3よりは耳にすっぽり入りやすい。)
・ジョギングしても、耳から抜け落ちる感じはしない。
・アプリでバッテリーの状態が確認できる。ノイキャンの効果も調整できる。

・ケースの充電が1時間もあれば完了する。
 充電時間を計ってみましたが、約10分程度で、ケースのバッテリーが40%充電されていました。
 お出かけ前にバッテリーが切れていても、少しの充電でそれだけ充電されれば、安心して使えるかと思います。

・Qiでの充電にも対応している。(試しては無いけど、スマホと同時に充電ができるのは便利そう。)
・通話するときスマホを耳に当てなくて済むので、画面が汚れずに済む。(夕方の脂っこい顔で電話するとね。。。(;´・ω・))
 また、ケーブルレスになるため、ビデオ通話の時もスマホを好きな位置に置いて会話することができます。

ノイズキャンセリングの効果について

・電車や飛行機の「ゴォォォッ」っとした音、交通量が多い道での騒音などに対し、効果を感じる。
・遮断されるよりかは、半分位に軽減される、という感じ。
 SONYのWH-1000XM3で体感した、スンッ…っと静まりかえるほどではないです。ですが、騒音が半減されるだけでも、ストレスが若干軽減されました。
・他人の話声や、テレビの音など、そういったモノに対する効果はほとんどない。
 そういった音の遮断については、WF-1000XM3などのカナル型を購入することをお薦めします。
 (WF-1000XM3の性能で遮断されるというよりは、カナル型の特性で音を遮断する方法となりますが。。。)

気になった点

・何かに引っ掛けた時など、抜けやすい。(マスクの紐など)
・何もしなくても、ケースのバッテリーが減っていく。これは現在対策を調査中です。
・人によってはデザインが気になるかも(いわゆるうどん型なので。)
・1時間ほどすると、たまにブツッっと切れる事象が数回だけある(スマホをポケットに入れているときだけが多い)
・本体タッチによる操作が少ない。現状、ダブルタップによる操作のみのため、左、右と、計2つの操作しかできない。
  ファームウェアアップデートで対応できるのかな。少し期待しておきたいと思います。
 (WF-1000XM3だと、片耳だけでシングル/ダブルタップ、ホールドと、3つの操作ができる。)

語るのが難しい点

音質ですね。
難しいといったのは製品の質に問題があるとかではなく、私自身が、中高音の伸びが~とか、そういったことを感じる耳も、語れるボキャブラリーもない、というのが理由です。
すみません。。。
ただ、あくまで個人的に感じたことをお伝えすると、スマホやプレーヤーに標準でついてくるイヤホンに比べたら、断然良いと思っています。
ボーカルや楽器の音はそれぞれはっきり聴こえますし。
気になるとしたら、低音の質でしょうか。ちょっとブーンブーンする感じ。
ズンズンというよりは、ブーンブーン。…伝わらないですよね(;´・ω・)
オープン型ということで、少し低音の迫力が出るように調整した影響なのかな?とも思っています。

ワイヤレスイヤホンの利用シーンとしては、自室から出て利用することが多いと思います。(移動中だとか、仕事中など。)
そういった時に聴くイヤホンとしては、十分なモノだと思っています。
逆に、静かな部屋で、有線イヤホン並みの高音質で楽しみたいという方には、よりハイエンドな製品をお薦めします。

2020.4.4 追記
低音ですが、最近、それほど気にならなくなりました。(私が慣れたのか、エージングが進んだのかはわかりませんが。。。)
また、やはり楽器やボーカルの音は一つ一つ聞き取れるので、音質は悪くないと思います。

まとめ

価格に対しての性能のバランスでいうと、FreeBuds 3は買ってよかったと思っています。
気づいたら鞄の中でバッテリー切れしているといったことはありますが、定期的に取り出してアプリで残量を確認するようにしています。
また、充電時間は短いのでモバイルバッテリーを使って充電するなどで、カバーしています。

ノイズキャンセリングも、購入後に何度か飛行機や電車に乗る機会があったのですが、その時にやはり騒音が軽減されたのは、良かったかなと。
また、移動時やジョギング中のイヤホンのケーブルが気になることが何度かあったのですが、そのストレスから解放されたのは非常に気持ちが良いものです。

良かった、気になった点は、また使用していて思いついたら、参考になるよう記載しておきたいと思います。
購入に悩んでいる方の参考情報になれば幸いです。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥15,327 (2020/11/23 09:11:57時点 Amazon調べ-詳細)