歯と歯の間だけじゃなく、根元の歯垢も掻き出せる「クリニカアドバンテージ フロス&スティック」

やっぱり持ち手付きのフロスが使いやすいですね。

Covid-19の影響で不要不急の外出の自粛が求められるようになりました。
どこは行けて、どこは止めておいた方がいいのか。。。
悩んでいる方も多いかと思います。

沖縄も感染者が急激に増加しているため、私も極力長い時間の買い物は避けたりするようになりました。
が、今少し悩んでいるのが、歯医者。
そろそろ点検に行きたいのですが。。。
大丈夫だと思いたいのですが、やはり少し心配症になってしまっているところもあり。
(自身が保菌者で、感染させないかもありますね。)

いずれはきちんと体調が万全であることを条件に行く予定ですが、それまでは、歯周病や虫歯にならないよう、歯の手入れをしっかりしておきたいところ。
そこで、以前クリニカ製品購入しまくっていたのですが、今回、さらに一つ買い足しました。

「クリニカアドバンテージ フロス&スティック」

過去にクリニカ製品で虫歯予防に努めると決めて、「なめらかスリムフロス」を買っています。
歯ブラシで取れない歯垢がとれるので定期的にやっています。(ちょっと面倒で毎日ではない…)

ただ、奥歯がものすごく取りづらいのです。
また、私の場合親知らずが生えている影響か、だんだんと奥歯になるにつれ、フロスを入れた後に引き上げようとすると引っかかり、フロスが取れず困ることが多々あります。

そこで、奥歯だけはもっと楽にできるよう、スティックタイプの「クリニカアドバンテージ フロス&スティック」を買いました。

created by Rinker
クリニカ
¥1,064 (2020/11/24 07:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

実際の製品はこんな感じです。

1パック30本入り
ハンドル部
使用感

なめらかスリムフロスだと、指二本を奥歯に突っ込まないといけなかったのが、スティックに換わり、断然掃除がしやすくなりました。

また、フロスが3本になっているため、歯垢もしっかり絡めとっています。
WEBサイトのうたい文句通り、ちゃんと取れます。
(さすがに絵面がやばいので、写真は撮りませんが。。。)

他にも、反対側のピックで、歯茎の根元の歯垢も掻き出すことができます。

私のフロスの使い分けですが、前歯から八重歯あたりにかけては、「なめらかスリムフロス」で清掃し、奥歯については「フロス&スティック」を使うようにしています。

フロスを活用して、歯垢のない清潔な口内に

外出自粛で人と会わないからいいかな。。。とつい歯磨きをさぼりがちになるかもしれません(私はなってます 汗)。
ですが虫歯や歯周病になると口臭の原因になったり、最悪は歯を駄目にしてしまうので、そうならないように一手間かけてでも口の中を清潔にしておきたいところ。

歯ブラシだけでなく、フロスも取り入れて、普段から自分の歯を守るためにしっかり手入れをして、丈夫な歯を維持していきましょう。

created by Rinker
クリニカ
¥1,064 (2020/11/24 07:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

最後に…新型コロナの感染拡大が早く収束しますように。
私も、感染しない・広げないための行動を続けます。