ハンドミルでも大量の豆を早く挽きたいときに-HARIO モバイルミル スティック EMS-1B

本当に楽になるのでおすすめです。

以前、ハリオのハンドミル(コーヒーミル・スマートG)を紹介しましたが、豆を早く、楽に挽けるようなるアイテムを購入しました。

スマートGにコネクトするだけで、電動で豆を挽くことができる、モバイルミル スティック(EMS-1B)です。

休日など時間に余裕がある時や、1杯分の豆を挽くだけなら、手で挽けばいいかと思っています。
ただ、職場で飲む分(5日間分)を休日にまとめて挽いて持っていくことがよくあるのですが、これが結構大変で、ちょっと面倒だなぁ。もう少し時間短縮できないかな?などと思いながら挽いていました。

とはいえ、電動のミルはキッチンのスペースを取るのと、片付けも面倒かと考えて、購入を見送っていました。
そんな時にHARIOから発売された、モバイルミル スティック。
手持ちのコーヒーミルを電動化できる上、さっと取り出して使えそうなことに期待し、購入を決めました。

どんなミルでも使えるの?

使えるミルは決まっていて、HARIOから発売されている「コーヒーミル・スマートG(MSG-2)」と「セラミック スリム(MSS-1)」で使うことができます。
2種類のミルで使うことができるよう、ホルダーが2つ同梱されています。

どうやって使うの?

使い方は簡単で、いつもは蓋をしてハンドルをセットしていたところに、蓋の代わりにホルダーをセットし、さらにモバイルミルをハンドル部にジョイントするだけです。

いつもハンドルをセットしている部分と、ここを合わせます。ちなみに、ホルダーなしで挿して使おうとすると、大変なことになります。。。(回転する力が強いので、暴れます。)
形状が違う場合でも、変換するパーツもついています。
蓋の部分にホルダーをセットし、EMS-1Bを挿しこむ。
2つ合わせると、それなりの高さになります。

これで、豆を挽く準備ができました。
ちなみにUSBでの充電となりますが、コネクタの形状はmicro-Bとなっています。

実際に使ってみた

どんな感じで挽けるのかは、動画でご紹介します。

スプーン1杯分を、大体20~30秒程度で挽いてくれます。(少し長かったので、動画は途中でカットしています。)

ちなみに、ミル本体にセットしてスイッチを押す時は、ミル本体はしっかり持ちましょう。
しっかり押さえないと、モーターの回転で暴れてしまいます。

豆を挽くのが格段に楽に、短時間で挽ける便利なアイテム

たまにしか挽かないなら買う必要は無いかもしれませんが、毎日だったり、一度に多くの豆を挽いたりする時は、すごく便利です。

これを購入してから、豆を挽くのがすごく楽になりましたし、今まで挽いていた時間が、ぐっと短縮されました。

豆を自分で挽くようになった次のステップとして電動ミルを購入しようか悩んでいる人や、ハンドミルで十分だけど、もう少し楽に早く挽きたい方は、ぜひ購入をおススメします。