今年も早めの対策で、出会わない季節を – 「ゴキブリ ワンプッシュPro PLUS」

沖縄は夏が始まります。やつらが増える前に、早めの対策を。

沖縄は先日梅雨明け宣言されましたね。平年より11日早い梅雨明けということで、さっそく暑さが厳しい日が始まりました。
さて、夏といえば、あれが出てくる時期ですね。

実はこの記事を記載する直前に、4匹遭遇しました。ゴキブリに。。。
いや多すぎだろ。。。

玄関の外で遭遇したので、スルーという選択肢もあったのですが、いつか入ってくると考えると、退治しておくに越したことはありません。
しかしなるべく叩いて退治するのは避けたいところ。

ということで、今年も対策の一つとして準備していた、「ゴキブリ ワンプッシュPro PLUS」を直接噴射して試してみることにしました。

「ゴキブリ ワンプッシュPro PLUS」の本来の使い方

先ほど私は直接噴射をしていたのですが、本来であれば、ゴキブリが通りそうなところ、潜んでそうなところに噴射するものです。
その噴射した場所を通ることで薬剤が体に入り込み、それが次第に効いてやっつけられる、という形で退治されます。

なので、これもコンバットやブラックキャップなどの毒餌剤と同じく、あらかじめ配置(噴射)しておき、罠にかけて次第に消し去っていく、という戦略をとるために使うというのが正しい使い方になります。

直接噴射してみた結果

メーカー推奨の使い方は守ろう!

というのが、今回得られた教訓です。。。
直接噴射したのですが、1~2分ほど、興奮して走り回り始めました。
ちゃんと噴射した薬剤がやつに当たってなかったという気もしますが。

もうしばらく放置しておくと、恐らくコロリとしたのでしょうが、逃げられて復活するのも嫌だったので、踏んで退治することに。

ということで、即効性はあまり感じられませんでした。
(ふと思ったのですが、殺虫剤の類って、即効でコロリすることあるんですかね。。。?)

使い方がしっかりしていれば、強い味方に

直接噴射では即効性は無いと評価しましたが、本来の使い方でも書いた通り、そもそもは事前に散布する製品です。

Amazonの評価を見ると、正直ちょっと評価が高いな。。。と思わずにはいられませんが、実際に洗面台の側のスペースに事前に噴射しておいたところ、数時間後には1匹昇天していた実績があります。
これは正しい使い方が上手くいったと考えていいかなと思っています。

これからの季節、奴らは活発に活動し、増えていく可能性があります。
そうなる前に、毒餌剤や今回のワンプッシュPro PLUSを活用した対策を取っていきましょう。

私はさっそく明日、屋外にコンバットをばらまきます。。。